混戦必至の優勝争い

 

柴崎 俊光 三重 91期

高原 仁志 徳島 85期

高久保雄介 京都 100期

 

     ---------- S級展望 ----------

 直前に開催されるGTオールスター競輪に参加する選手は不在。圧倒的な優勝候補が不在なだけに、誰にでもチャンスがあるシリーズとなりそう。

 ホームでの戦いに気合が入るのは柴崎俊光。不破将登、長尾拳太の岐阜両者と好連係を決めて期待に応える走りを。不破は自在性が増している近況。長尾の攻め幅も広く、共に器用な立ち回りができるのは魅力。2班ながら6月名古屋で完全優勝の長尾は競走得点が急上昇中。

 好メンバーが集まったのは中四国勢。安定感抜群の捌きと差し脚で今シリーズはトップの競走得点を持って登場となりそうなのは高原仁志。切れ味ある山中貴雄、原誠宏と共に四国勢はシャープな追込み選手が揃う。中国勢のリーダーは吉本哲郎。自力自在の総力戦でメンバーと展開に応じて戦法を使い分ける。同県の大川龍二も近況は動くレースが増えていて広島の連係には注目。片岡迪之の機動力も見逃せない。

 高久保雄介は近畿勢の援軍が上位陣に不在ながら、今シリーズのメンバーならパワー上位の仕掛けを見せそう。九州勢は安定感あるベテランの牧剛央、中村圭志が優勝争いに絡んできそう。新鋭の伊藤旭が勝ち上がってくれば台風の目になるか。


  前のページに戻る このページのトップに戻る
 
 
Copyright 2005 Chubunet All Rights Reserved.
当サイトにて使用されている記事、画像について無断転載、また、当サイトへの直接リンクを禁じます。