新鋭の機動力バトル

 

井田 晶之 愛知 113期


佐々木堅次 福島 113期


園田 鉄兵 熊本 93期


       ---------- A級展望 ----------

 四日市初のミッドナイト開催はチャレンジレースの7レース制。クラス上位のレーサーが集結して激戦は必至。力と力の激突に注目が集まる。

 地元地区で期待を集めるのは井田晶之。いつ特進してもおかしくないだけの戦歴を残していて、常に優勝争いの中心を担う先行力の持ち主。積極的な仕掛けに徹して着実にパワーアップしていて将来の活躍が楽しみ。豪快にスパートを決めてシリーズをリードしそう。地元の花村直人、梅澤謙芝が好連係を決めるか。

 井田とは互角の戦歴を挙げている佐々木堅次が双璧の優勝候補。スピードを活かした仕掛けで三月松阪ミッドナイトでは完全優勝。同じ三重県の四日市バンクは今年の初戦で未勝利に終わっているだけにリベンジなるか。山口慎吾が連係して。今井聡、神山尚、平川雅晃と争覇級の自力型が揃った関東勢。今井は佐々木も参加した一月四日市で優勝を飾っていて、その再現を狙う。捲りが持ち味の渡邊颯太、吉田輪太郎の南関コンビは一撃の魅力が。

 新鋭に対して安定感抜群の戦いを見せているのは今期チャレンジに降格となった園田鉄兵。前期後半は一、二班戦でも優勝争いを演じた実力。自力自在の総合力と経験を武器に若手を一蹴の場面は十分。東隆之、大久保聡、後田康成で九州が結束。先行一本の積極性なら増田仁。同県の志村達也や上原直樹を連れて迷いなく駆ければ波乱を演出なるか。

  前のページに戻る このページのトップに戻る
 
 
Copyright 2005 Chubunet All Rights Reserved.
当サイトにて使用されている記事、画像について無断転載、また、当サイトへの直接リンクを禁じます。