各ライン互角の争い

 

中川 勝貴 福井 109期


鈴木 幸紀 三重 78期



那須 久幸 福岡 71期

       ---------- A級展望 ----------

 今シリーズは断然と言える優勝候補が不在だが、近況の戦歴で一歩リードは前期S級の中川勝貴。捲りに決まり手が偏っていて展開に左右される面もあるが、つぼに嵌れば他を圧倒する走りも。勝負所から一気にスパートを決めて力を見せ付けるか。同県の渡辺航平が連係する。

 地元戦で期待を背負うのは鈴木幸紀。降級した今期は堅実な捌きと一枚上の差し脚でさすがの戦歴を残す。近畿勢との連係からか自ら好位を狙って気迫の突っ込みを狙う。的確な位置取りが持ち味の表大暁も上位進出へ。

 九州勢はカマシ捲り強烈な徳永哲人の一撃が頼りに。決め脚が復活している那須久幸が近況の安定感は抜群。徳永に勢いをもらって直線で好勝負を演じそう。新鋭の平尾一晃がスピードを活かしてラインを引っ張る走りを見せるか。

 特進で昇班を果たし、いきなり初戦で決勝進出した薦田将伍の走りには今シリーズ注目が集まる。逸材が揃った113期生からまた新たなスター候補。上昇の勢いに乗って更に駆け上がるか。林成人、児玉慎一郎の前S級組が四国連係でサポートする。

 S級でも捲り一撃を秘めていた森田康嗣のタテ脚はA級では上位。展開がもつれて混戦になればもちろん、牧田賢也との北日本連係で有利な展開が望めるなら更にチャンス。

 捲り追込みの切れ味なら石橋慎太郎も見逃せない。堅実な捌きで安定感ある伊豆田浩人との南関コンビが波乱を演出するか。寺沼将彦が果敢な仕掛けに徹して主導権に拘るか。追込みに戦法をシフトチェンジしている丸山直樹が埼京連係から浮上の場面も。

  前のページに戻る このページのトップに戻る
 
 
Copyright 2005 Chubunet All Rights Reserved.
当サイトにて使用されている記事、画像について無断転載、また、当サイトへの直接リンクを禁じます。