強豪が揃いV争いは大激戦

 

山崎 芳仁 福島 88期


山田 久徳 京都 93期



       ---------- S級展望 ----------

 S級1班16名を中心に、S級2班にも好調自力型が多数参戦してハイレベルな戦いを展開していく。戦力的には北日本勢が一番か。山崎芳仁、佐々木雄一の福島コンビに菅田壱道、大森慶一と役者揃い。山崎は2月全日本選抜では 二予選こそ大敗もシリーズ3勝を飾った。菅田がいれば番手戦もあるが、自力も好調。佐々木のガードでV奪取へ。

 関東勢も強力。先陣を務めるのは坂井洋。2月西武園では捲りでV奪取。逃げても捲ってパワーは強烈。同県鈴木謙太郎と関東ラインを引っ張る。マーク陣では武藤龍生と古川尚耶が中心。武藤は今年は1月向日町Vに加えGV一予選で二勝と結果を出す。自力、追込みとバランスの取れた関東勢に注目。

 南関ラインの先陣を務めるのは大石剣士。徹底した先行勝負でメキメキ頭角を現わして来た。同県新田康仁と小原太樹、田中晴基の南関勢が大石をバックアップしていきそう。

 地元谷口遼平も好調キープ。持ち味の機動力を駆使して別線に挑む。川口聖二と伊藤裕貴の自力三車が中心となる中部勢。強力メンバーが集結した今シリーズだが地元の気合いで。

 山田久徳、川村晃司の京都コンビと徹底先行型藤井栄二が加わる近畿勢。山田は2月奈良GVを制して勢いに乗る。今シリーズもV争いの一角へ。

  前のページに戻る このページのトップに戻る
 
 
Copyright 2005 Chubunet All Rights Reserved.
当サイトにて使用されている記事、画像について無断転載、また、当サイトへの直接リンクを禁じます。