東矢昇太・金沢竜二の機動型の力が上位!!

 

東矢 昇太 熊本 98期


金沢 竜二 福島 91期



下岡 優季 愛知 105期

       ---------- A級展望 ----------

 今開催の四日市ベイサイドナイトレースはFU戦。A級1・2班戦は一月S降級の実力者と若手の自力型の力勝負がみもの。チャレンジ戦は成績優秀で117期早期卒業の寺崎浩平の走りに注目。

 今開催の一月S降級は東矢昇太、国武耕二、山口泰生、金沢竜二、小嶋歩の五名。東矢と金沢は前期S級でも自力で実績を残しA級戦では格上の走りをみせそう。

 今シリーズの主役を務めるのは九州勢。捲り一撃が魅力の東矢昇太と上野雄太の熊本コンビに国武耕二、山崎岳志の佐賀ベテランマーカーが結束戦。上野が脚力上昇中で並びには注目も共に捲り脚は強烈で前団を飲み込む走りをみせる。

 金沢竜二の先行力もA級戦では力上位。前期S級のGVでも連絡みがありV候補の一人。上位陣に地区のマーカーが不在でいける処から仕掛けで台頭しそう。関東で単騎の高橋広大が連係策か捲り兼備のタテ脚を発揮しそう。

 地元中部勢は下岡優季の機動力に山口泰生、山田裕哉が結束戦。下岡は昨年後半2Vもカマシ、捲りの自力はA級上位の脚力。山口が昨年は落車、失格が続きリズムに乗り切れてないが総合力上位の力をみせるか。ホームの坂元洋行、初のA級1・2班戦の下岡将也の気迫戦には期待したい。

 谷口友真が自力で粘り強いレースをみせ、久保将史、小島歩の南関コンビや大久保直也、高田大輔の中四国コンビの実力者も争覇圏内の力がある。予選スタートの渡辺直也、藤井将の113期徹底先行タイプの走りにも注目。

     ------- チャレンジ展望 -------

 チャレンジ戦は競輪界初の早期卒業を果たした寺崎浩平が出走。117期同期生がデビューする七月までにS級特進をめざす逸材の走りには大注目。


  前のページに戻る このページのトップに戻る
 
 
Copyright 2005 Chubunet All Rights Reserved.
当サイトにて使用されている記事、画像について無断転載、また、当サイトへの直接リンクを禁じます。