ナイター記念に強豪集結

 

浅井 康太 三重 90期


平原 康多 埼玉 87期


       ---------- S級展望 ----------

 四日市開設68周年記念はナイター開催。今年最後のGT競輪祭に向けた意味でも重要なシリーズ。

 主役は地元の大エース浅井康太。ホームでは常に期待に応える走り。四日市記念は過去に3連覇を含み4度の優勝。いつも以上に勝ちに拘る攻めで。柴ア淳、坂口晃輔ががっちりスクラムを組んで気合見せ。金子貴志を含め中部が結束。

 対抗するのは平原康多が牽引する関東勢。相変わらず抜群の安定感を見せている平原の総合力は随一。どんな展開にも対応できて大崩れなく、今回も確実に優勝争い。諸橋愛とのタッグは連係実績あり強力。

 6月当所GVを制した山岸佳太も登場。GP出場権利はほぼ手中に収めた佐藤慎太郎。小松崎大地や新鋭の嵯峨昇喜郎を目標に上位の捌きを。上昇の大森慶一までが北日本勢。

 和田真久留、小原太樹の神奈川コンビは混戦で一撃。村上義弘は連係実績豊富な稲垣裕之と連係。西勢は園田匠、岩津裕介が切れ味を活かして浮上を狙う。

  前のページに戻る このページのトップに戻る
 
 
Copyright 2005 Chubunet All Rights Reserved.
当サイトにて使用されている記事、画像について無断転載、また、当サイトへの直接リンクを禁じます。