強豪が集いハイレベルな争い

 

木暮 安由 92期 群馬


簗田 一輝 107期 静岡



       ---------- S級展望 ----------

 GTクラスの選手が多数参戦予定のシリーズ。トップクラスの攻防が期待でき、ハイレベルな優勝争いとなりそう。その中でも実績で一歩リードするのは木暮安由。強力関東勢の中核を担う実力は誰もが認める所。展開に応じて多彩な戦法を使い分ける器用さが最大の武器で、FTクラスでの大崩れは考えにくい。自力基本の組み立てで好位から抜け出しを図る。連係するのは河野通孝。巧追からワンツー狙う。

 上昇の勢いなら新鋭の簗田一輝。捲りを中心に縦横無尽に攻めるスタイルは木暮に近いものがあり、この直接対決がシリーズ最大の見どころに。小松島記念で準優勝とグレードレースでも存在感を示し始めていて、今後の更なる飛躍に注目が集まる。簗田をリードするのが同県の岡村潤。確かな決め脚で直線では確実に伸びてくる。簗田が一気に出切る流れになればチャンスは十分。

 上位陣に自在型が多い中で機動力をフルに発揮しそうなのが不破将登。パワーアップした仕掛けで今期は初の1班に昇格。ビッグレースの参戦も果たし更なる上を目指し奮闘中。ベテランの山口富生が岐阜連係でガード。昨年10月の当所FTでは不破を交してワンツー決着の優勝があり、その再現を狙う。村田雅一は中井俊亮との連係か、メンバー次第では岐阜コンビとの中近ラインもあるか。

 捲り一撃を狙うのは坂本健太郎。近況はマーク戦が増えてきて総合力は上昇。混戦になればもちろんだが、自ら位置を取っての組み立てにも進境を見せている。同県の加倉正義がマークして。位置取りが鍵となるが香川雄介、堤洋の四国コンビも実績抜群の追込み型。香川は高い競走得点を維持していて、コースを突いての強襲劇には常に警戒が必要。

  前のページに戻る このページのトップに戻る
 
 
Copyright 2005 Chubunet All Rights Reserved.
当サイトにて使用されている記事、画像について無断転載、また、当サイトへの直接リンクを禁じます。