前期S級の松岡孔、伊藤稔、張野幸の力勝負!!

 

松岡 孔明 熊本 91期


伊藤 稔真 三重 111期


張野 幸聖 和歌山 115期


       ---------- A級展望 ----------

 8月12日からのミッドナイト競輪はWINTICKET杯争奪戦。七月にS級から降級の選手と若手の自力型の対決がみもの。前期S級戦で勝ち星がある松岡孔明、伊藤稔真、張野幸聖の走りには注目。

 九州勢は松岡孔明と原田礼の降級組に城戸崎隆史、国武耕二、飯塚直人が結束戦。松岡は捲り兼備の自在戦で前期S級でも連絡みが多くタテ脚はA級戦では上位。今シリーズは先行含め自力の競走になりそう。

 中部勢は伊藤稔真と佐藤亙のS降級コンビに桜井雄太が結束戦。伊藤はGV戦でも勝ち星がある自力脚はクラス上位の力。A級戦では勝つ競走に徹しそう。佐藤が援護からチャンスを伺う。

 近畿勢は張野幸聖の機動力に、西谷岳文、河村章憲が好連係をみせよう。張野は地脚を活かしたパワフルな走りが魅力。別線を封じて先制する流れなら西谷が捲り兼備のタテ脚を発揮の場面がありそう。

 中四国勢は新鋭の村上竜馬の機動力に同県の和田誠寿と藤原悠斗が結束戦。村上は展開に応じて先行、捲りを使い分け準決一着を量産。ダッシュ力を発揮しよう。和田は近走、追込みのキレ味が鋭く直線強襲には要注意。前期S級で連絡みの実績がある吉川嘉斗の動向にも注目も中四国で連係なら一大勢力になる。

 チャレンジ戦は119期の牛田樹希斗、上杉嘉槻、阿部龍也、山本浩成のフレッシュな走りに注目。117期の仲野結音と野見泰要、川島聖隆が119期との力勝負がみもの。

  前のページに戻る このページのトップに戻る
 
 
Copyright 2005 Chubunet All Rights Reserved.
当サイトにて使用されている記事、画像について無断転載、また、当サイトへの直接リンクを禁じます。