若手自力型のスピード対決!!

 

橋本 優己 岐阜 117期


吉田 昌司 茨城 111期


照井 拓成 岩手 115期


       ---------- A級展望 ----------

 10月12日からのミッドナイト競輪は北日本から近畿までの選手による争い。A級戦は各地区に力のある選手が揃い、橋本優己、吉田昌司、照井拓成の力勝負がみもの。チャレンジ戦は119期の新鋭・鈴木浩太と実績がある中村美千隆、相川巧の攻防に注目。

 A級戦は橋本優己と永井清史の岐阜両者と富永益生、篠原忍が結束する中部勢が主役の走りをみせる。橋本は今年1月特昇し一・二班戦の流れも掴み一着を量産。3Vを挙げる。地脚を活かした先行、捲りが主体も流れに乗って位置取りも出来るのが強味。徹底先行タイプの永井清史との折合いが鍵になるがV争いに絡みそう。

 吉田昌司が中心の関東勢は同県の岩崎大和に、菱沼元樹、小島雅章の埼玉勢、小佐野文秀、高津賢治の山梨勢が結束戦から中部勢に力勝負を挑む。吉田は前期S級でも勝ち星がある先行力を発揮。岩崎と小島が援護からチャンスを伺いそう。土田武志の若手自力型の走りにも注目。

 照井拓成の機動力もクラス上位。援護するマーカー陣が上位では不在も捲り一撃には要注意。吉川誠の捲りと原岡泰志の直線強襲に警戒。


    ---------- チャレンジ展望 ----------

 チャレンジ戦は119期の新鋭。鈴木浩太と疋田力也が主役の走りをみせる。鈴木は在校6位の地脚タイプ。学生時代はロード種目で活躍。先行主体にバランスのとれた脚質を活かす。A級一・二班戦でも実績がある相川巧、中村美千隆も争覇圏内。

  前のページに戻る このページのトップに戻る
 
 
Copyright 2005 Chubunet All Rights Reserved.
当サイトにて使用されている記事、画像について無断転載、また、当サイトへの直接リンクを禁じます。