一流スターの競演 真夏の最高峰決戦

 

脇本 雄太 福井 94期


新田 祐大 福島 90期


平原 康多 埼玉 87期

       ---------- S級展望 ----------

 高松宮記念杯に続いてS級S班9名が揃い踏みとなりスーパースターが集結。来年からはナイター開催となるため、デイレースでのオールスター競輪は今年で最後となる。歴史に名を残すのは誰か。

 高松宮記念杯で完全優勝の脇本雄太がGT連続優勝を狙って参戦。圧倒的なパワーとスピードは更に進化を遂げていて、シリーズの中心は揺るぎない。村上博幸、東口善朋、南修二、稲川翔、古性優作らで近畿が結束力を見せる。

 対抗格は新田祐大が引っ張る北日本勢。脇本と新田の力勝負は今回も最大の見どころ。GP王者の佐藤慎太郎が上手く作戦を立てて撃破へ。新山響平の先行力、和田圭と守沢太志の切れ味にも注目。

 今年前半のタイトルをそうなめにした松浦悠士、清水裕友の中国ゴールデンコンビには固い絆が。どちらが前でも戦える柔軟性で優勝争いに参戦。岩津裕介がラインを固め。

 総合力上位で抜群の安定感を誇るのは平原康多と郡司浩平。平原は鈴木竜士、吉田拓矢、諸橋愛、木暮安由の関東勢、郡司は和田健太郎、岩本俊介、渡辺雄太の南関勢を味方に頂点を目指す。

 吉田敏洋、深谷知広、金子貴志の地元勢は浅井康太と意地の走りを披露。中川誠一郎、山田英明の九州コンビは混戦を待って一撃にかける。

  前のページに戻る このページのトップに戻る
 
 
Copyright 2005 Chubunet All Rights Reserved.
当サイトにて使用されている記事、画像について無断転載、また、当サイトへの直接リンクを禁じます。