A級最強メンバーがV争いを展開

 

三宅 裕武 三重 88期


堀  僚介 大阪 109期


       ---------- A級展望 ----------

 8月2日〜4日の松阪ミッドナイトには全国からA級トップレーサーが集結。前期S級の降級組と若手売り出し中の精鋭が力勝負を見せる。

 地元三宅裕武が今期はA級での戦い。S級でも人気の実力者はA級では格上の走り。松田大と連係からホーム戦で人気に応えるか。近畿勢も実力者揃い、堀僚介が先頭で風を切る。堀の機動力は前期S級でも実証済み。同郷松田治之が堀の番手主張も、高間悠平もS級実績が光る差脚でV争いを展開していく。

 川越勇星も好調。先行に加え捲りのスピードも圧巻。展開次第では位置取りもこなす自在脚は高評価。南関マーク陣が手薄で北日本の大崎和也が川越の番手を廻るケースもありそう。宮内善光、平原啓多の関東勢もラインの自力型が手薄とあって東日本勢の布陣はメンバー次第で流動的となる。

 西日本勢も強力メンバー。薦田将伍がメキメキ頭角を現わして来ている。中四国で藤原悠斗が薦田をガードして盛り立てる。稲吉悠大と松尾大樹の九州コンビも混戦となれば一撃の魅力を秘める。

  前のページに戻る このページのトップに戻る
 
 
Copyright 2005 Chubunet All Rights Reserved.
当サイトにて使用されている記事、画像について無断転載、また、当サイトへの直接リンクを禁じます。