傑出者不在でV争いは大激戦

 

井上  嵩 愛知 97期


今野 大輔 愛媛 111期


       ---------- A級展望 ----------

 6月30日〜7月2日の松阪ミッドナイトレースは期変わり第一戦も今シリーズはS級降級組の参加は無し。若手、ベテランのA級レーサーが揃いV争いはテクニックとパワーの激突へ。 

 中部勢は上位陣に自力二車を持つ。井上嵩、山崎晃がパワフルな走りで。井上はカマシ一本の戦法から自力自在タイプへ。戦歴も安定して来た。清水広幸は1・2班最年長も差脚は健在。坂上樹大は堅実なレース運びからシャープな伸脚。地元西村豊がラインを厚くする。

 近畿勢の先頭を担うのは井坂泰誓。今期から1班に昇格して更なる飛躍を。将来近畿を引っ張る自力に成長する逸材。中井護、堺文人とベテランマーク陣が井坂を盛り立てていく。

 西遠征勢の先陣を務めるのは今野大輔。先行捲りの機動力に加え、自在性を兼ね備えた近況は安定感も増す。中四国のマーク陣が手薄をあって、城戸崎隆史、川又裕樹の九州勢が今野と連係していきそう。城戸崎の差脚は強烈。今野の仕掛けに乗ってV争いを展開していく。

  前のページに戻る このページのトップに戻る
 
 
Copyright 2005 Chubunet All Rights Reserved.
当サイトにて使用されている記事、画像について無断転載、また、当サイトへの直接リンクを禁じます。