浅井康太が格上の走りで魅了

 

浅井 康太 三重 90期


村上 博幸 京都 86期


和田  圭 宮城 92期

       ---------- S級展望 ----------

 S級の強力メンバーが松阪バンクに集結。主役を務めるのは地元浅井康太。実績上位の自在脚を駆使して人気に応える。昨年8月松阪戦でも捲りでV奪取。FT戦では4月岸和田、佐世保連覇と圧巻の走り。川口聖二、不破将登と中部ラインを盛り立てていく。

 村上博幸が1月大宮GV準決勝で落車以降長期戦線離脱。復調度合いが気になるが実績は断然。村田雅一鷲田佳史と近畿は追込型が揃った。脇本勇希、窓場千加頼が優参決めればV争いの一角へ喰い込むか。

 岩本俊介を先頭に、中村浩士、近藤隆司と千葉三車が参戦。岩本はシリーズ屈指の自力型。強烈な捲りとカマシを武器に勝ち星量産中。中村のガードも望めるだけに別線の巻き返しを制し逃げ切りも可能。自在脚誇る小原太樹も加わり南関ラインは充実の布陣。

 小松崎大地のパワーも相当。2月全日本選抜、3月ウィナーズとビックレース一予を捲りで勝ち切るスピードは高評価。和田圭、内藤宣彦と北日本マーク陣は実力者揃いでV戦線へ。

 関東勢は長島大介、小林泰正と機動型二車に鈴木庸之、河野通孝と好調選手が顔を揃えた。中でも長島の実力は上位。自力に加え自在性も兼備の走りで結果を残す。小林も積極果敢な仕掛けを見せている。今シリーズは力の争いが展開。

  前のページに戻る このページのトップに戻る
 
 
Copyright 2005 Chubunet All Rights Reserved.
当サイトにて使用されている記事、画像について無断転載、また、当サイトへの直接リンクを禁じます。