太田のスピードが断然!!

 

太田 竜馬 徳島 109期


山崎 芳仁 福島 88期


佐藤 水菜 神奈川 114期

       ---------- S級展望 ----------

 昨年YGPチャンプ。今年はGP出場も手の届く位置にある太田竜馬がシリーズリーダーを務める。1月高松記念では平原康多を捲りで撃破してGV初Vを飾る。YGPでGU制覇は達成しているだけに、あとはGTを制して競輪界の頂点を狙う若武者。香川雄介、高原仁志が太田を盛り立てる。香川の差脚は強烈。G前は好勝負に持ち込む。合志正臣と田中誠の九州コンビもチャンスを伺う。

 地元坂口晃輔が気合いを見せる。山内卓也、岡本総とマーク陣は揃うも、自力型が神田龍一車で、稲毛健太と中近連係も視野に。近畿マーク陣は三谷政史もいるがメンバー構成次第では中近団結のケースもある。

 山崎芳仁の捲りも健在。戦歴に波はあるが、GT戦でも必ず一着を勝ち取るスピードとパワーはさすが。大槻寛徳が山崎とタッグを組んで。大槻は1月玉野を完全V。差脚が冴え渡る近況。山崎を差し切るケースもある。横山尚則と杉森輝大の茨城コンビは共に自在型。南関勢の小原太樹と萩原孝之も混戦となれば捲りで浮上のシーンもある。

     -------- ガールズ展望 --------

 春本番を迎えた松阪バンクでガールズの華麗な戦いが展開。デビュー以来快進撃を続ける佐藤水菜が松阪初出走。114期5位の脚力が大きく開花している。今年はすでにV4。着外は2月名古屋の決勝4着のみと見事な戦歴。果敢な仕掛けで逃走劇を見せてくれそう。

 佐藤とV争を展開していくのは小林莉子。ガールズ一期生の貫禄者。新旧交代のバトルが繰り広げられるガールズにおいても一期生を代表する活躍。年令的にもまだまだ一線で戦える。抜群のレースセンスと自在脚を発揮。

 坂口楓華、加藤恵の112期コンビも安定した戦歴を残す。坂口は位置取りに定評がある追込型で目標掴めばV争い。石井貴子も機動力相当。昨年4月松阪決勝2着。バンク相性も大丈夫とみる。

  前のページに戻る このページのトップに戻る
 
 
Copyright 2005 Chubunet All Rights Reserved.
当サイトにて使用されている記事、画像について無断転載、また、当サイトへの直接リンクを禁じます。