絶好調の山本の脚力がリードする

 

山本 巨樹 大阪 100期


西浦 仙哉 三重 73期


       ---------- A級展望 ----------

 3月15日〜17日の松阪ミッドナイトレースは中部、近畿、中四国、九州の4ブロックからA級の精鋭が集結。1、2班戦は実力者多数。中でも今期A降級後に脚力を見せつけているのは山本巨樹。2月小倉、静岡を完全Vと勢いに乗っている。石口慶多とタッグを組んでV争いをリードする。石口もカマシ捲りを駆使して結果を残す。この近畿コンビがシリーズを引っ張るか。

 地元西浦仙哉も安定した戦歴。今年は2月四日市までフル優参。スピード抜群の捲りの加え、逃げても末は確か。田中雅史と中部勢の中心として力走。中部の自力型は谷本奨輝、吉川希望、下井竜と若手が多く西浦を盛り立てる。

 篠原龍馬と浜口健二の高知コンビもチャンスに一撃の魅力。篠原は自力自在に立ち廻りで大崩れが無い。ベテラン浜口のアシストありV争いの一角へ。内藤敦が中四国連係で高知コンビと結束していきそう。小竹洋平、阪本和也、名川豊の九州勢は戦歴ではやや見劣るも、阪本が着実力パワーアップした機動力でチャンスを狙う。

  前のページに戻る このページのトップに戻る
 
 
Copyright 2005 Chubunet All Rights Reserved.
当サイトにて使用されている記事、画像について無断転載、また、当サイトへの直接リンクを禁じます。