前期S降級組の力勝負も実力伯仲の激戦!!

 

横関 裕樹 岐阜 99期


中川 勝貴 福井 109期


藤原俊太郎 岡山 111期


       ---------- A級展望 ----------

 2月2日からの松阪ミッドナイト競輪は中部から九州までの選手による開催。A級一、二班戦5R、チャレンジ戦は4R制。

 今開催は前期S級でも実績がある選手が中心になりそうだが実力伯仲戦で展開しだいでは誰にもチャンスがありそう。中部勢は藤井準也の機動力に前期S級の横関裕樹、上田裕和に貫禄者の大庭正紀が結束戦。横関は自在に立廻り総力戦でA級戦では自力も含めて格上の走りをみせタテ脚を発揮。上田と大庭が援護からチャンスを伺う。

 藤原俊太郎は前期S級でも徹底先行で実績があり力勝負を演じそう。連佛康浩と山崎泰己が結束する岡山トリオも強力な布陣。

   近畿勢は中川勝貴を中心に白上翔、池田智毅が連係戦。中川は前期S級では追込み主体の競走でタテ脚を発揮もA級戦では自力勝負もありそう。古賀勝太が勝ち上がりそうで別線に叩かせず突張り先行で持ち味を発揮する流れになると中川が浮上する。




     ---------- チャレンジ展望 ----------

 チャレンジ戦は地元の倉田紘希に兼本将太の117期が中心。2人共にA級一、二班戦で戦う力があり力勝負がみもの。前期一、二班戦で実績がある井上将志、吉成晃一、神開将暢の動向にも注目。

  前のページに戻る このページのトップに戻る
 
 
Copyright 2005 Chubunet All Rights Reserved.
当サイトにて使用されている記事、画像について無断転載、また、当サイトへの直接リンクを禁じます。