S級上位陣が激闘のV争い!!

 

不破 将登 岐阜 94期


渡辺 一成 福島 88期


       ---------- S級展望 ----------

 S級の強豪が集結。自力タイプが多数参戦する今シリーズは力と力の激突となりそう。各ラインの機動型が実力者揃いで見処満載。

 中部勢は不破将登、竹内雄作の本格先行型二車。不破は前期V3と結果を残し1着量産。竹内も驚異的な先行本数で挑む。地元柴崎俊光がこの自力二車を盛り立てていく。柴崎は前期終盤は度重なる落車で波に乗り切れずも、今年は心機一転地元でリズムを掴みたいところ。中井俊亮は近畿マーク陣が手薄で、中近結束も視野に入れていく。

 岩本俊介のパワーはシリーズ屈指。東龍之介、齊藤竜也の神奈川コンビが岩本をバックアップしていく。岩本が豪快な走りで別線を粉砕していく。天田裕輝は自力自在の立ち廻りを見せる。昨年は春頃の落車で長期戦線離脱も、ようやく復調気配。115期の朝倉智仁が関東勢を牽引。昨年末にS級特進を決めて、今年は待望のS級での戦いとなる朝倉のパワーは相当。同県河野通孝は朝倉と決勝進出決めればチャンス到来。

 渡邉一成は別格のスピードを見せそう。今年は競技から競輪重視にシフトチェンジ。圧倒的なスピードでGT戦線でも結果を残す。大森慶一が渡邉と連係。大森の近況は安定感抜群。

 松川高大、島川将貴の西遠征勢も混戦となれば一撃の魅力を秘める一車。

  前のページに戻る このページのトップに戻る
 
 
Copyright 2005 Chubunet All Rights Reserved.
当サイトにて使用されている記事、画像について無断転載、また、当サイトへの直接リンクを禁じます。