吉田、根田、金子とトップレーサーが激突

 

吉田 敏洋 愛知 85期


根田 空史 千葉 94期


金子 幸央 栃木 101期

       ---------- S級展望 ----------

  メインスタンド改修を終えて、12月25日〜27日に松阪競輪がファンを迎えて再開する。今年を締め括るS級シリーズ三重交通クレインカップ≠ヘ強豪が多数で熾烈なV争いが展開。

 吉田敏洋が中部の主役として登場。10月豊橋記念でも連携した高橋和也とタッグを組んで臨む。吉田は番手戦が増し、ハンドル捌きに磨きがかかる近況。高橋も変わらぬ機動力を見せて結果を残す。この愛知コンビが別線の動きを制すか。

 中西大、稲川翔、畑段嵐士と近畿勢も役者揃い。中西が稲川の援護を得て果敢に仕掛ける。ただ稲川は調子を崩している近況で、復活が待たれるところ。

 根田空史、山賀雅仁の千葉両者にベテラン松坂英司が加わる南関ライン。シリーズ最強の先行力を誇る根田が豪快に攻めれば別線は苦しい展開に。山賀の差脚が浮上のシーンも十分。もちろん根田の逃げ切りは人気を集めそう。

 金子幸央もパワフルな走りで。9月岐阜、10月豊橋と記念を連続優参。芦沢辰弘と番手も信頼出来るマーク屋で仕掛けに迷いは無い。

 守沢太志が自在脚を駆使して行く。大森慶一、中村敏之輔の北海道コンビがバックアップしていきそう。守沢は今期FTV3と抜群の結果を残している。荒井崇博、堤洋の西遠征勢も展開掴んで浮上も。

  前のページに戻る このページのトップに戻る
 
 
Copyright 2005 Chubunet All Rights Reserved.
当サイトにて使用されている記事、画像について無断転載、また、当サイトへの直接リンクを禁じます。