傑出者不在でV争いは横一線

 

金野 俊秋 千葉 92期


山本  奨 岡山 94期


高木 真備 東京 106期

       ---------- A級展望 ----------

 実力拮抗のメンバー構成とあって、V争いは横一線の様相。自力型は揃ったが上位陣の徹底先行タイプは金野俊秋一車ともいえる。恵まれた体格から繰り出すパワーは相当。同県會田正一と高橋隆太の南関マーク陣が金野をバックアップ。木村貴宏は関東の自力型が手薄すとあって、好位捌くか南関勢との連係も視野に入れての戦いとなる。

 山本奨が自力自在に攻めていく。本来の力を出し切れてない感はある近況だがさすがの立ち廻りで安定感はある。隅貴史がガード。田尾駿介と宇根秀俊の四国コンビも果敢に仕掛けていきそう。山本はメンバー次第では中四国結束も可能。高木竜司、藤田剣次の九州勢は地区目標が不在で、西遠征でひとつにまとまるケースもありそう。

 西谷岳文の捲りは強烈。今期はV3。目標あれば番手戦も出来るが、河村章憲、中澤孝之とベテランマーカーに任かされて、本領発揮の自力勝負で臨む。

 中部勢は大洞翔平、藤原誠の岐阜コンビを中心に、地元西村豊が結束決めて上位進出を狙う。

     -------- ガールズ展望 --------

 シリーズリーダーは高木真備で文句無し。16年、17年は賞金ランキング2位。昨年は4位でGGPの常連が、今年は5月、6月と溶連菌感染症の為長期離脱。復帰戦別府サマーナイト、続いて名古屋ドリームレースと連続落車に見舞われて賞金争いも圏外となる。しかし9月和歌山から4場所完全Vと復活の走り。今年3月にも松阪はVと好相性のバンクで主役走り。

 打倒高木の一番手は吉村早耶香か。積極的な自力で各地好走。高木に力勝負を挑んでいきそう。中嶋里美、中野咲の110期豊橋コンビもチャンスを伺う。同じ練習グループで切磋琢磨して練習を積み重ね上昇中。特に中嶋は在校3位の素質を着実にアップしている。地元川嶋百香もコースを見つけて突込む。

  前のページに戻る このページのトップに戻る
 
 
Copyright 2005 Chubunet All Rights Reserved.
当サイトにて使用されている記事、画像について無断転載、また、当サイトへの直接リンクを禁じます。