強力中部勢!舘が中心的存在!

 

舘  泰守 愛知 80期


中村 一将 兵庫 86期


       ---------- A級展望 ----------

 10月27日〜29日の松阪ミッドナイトレース1・2班戦は中部VS近畿の争い。中部勢は実力者揃いで戦力的には近畿勢をリードしている。中でも舘泰守の自在脚は上位の存在。自力でもV争いの筆頭格となるが、同県水谷将司もいるだけに番手戦も可能。8月松阪準Vの舘が今シリーズはリベンジへ。三浦稔希、鈴木伸之と愛知勢は役者が揃った。

 岩本和也の差脚もA級トップクラス。今期降級後はまだVは無いものの、ワンランク上位の脚力で安定感は抜群。地元西浦仙哉も調子も上げている。カマシ捲りの機動力を駆使してV争いを展開する。土岐幹多、山田祥明の岐阜コンビは展開次第ではコースを探して伸脚見せそう。

 近畿勢は中村一将の自力戦が中心。中村は前期S級で勝ち星を上げたスピードとパワーで今期A級戦でも一着量産。捲りが主戦法だけに波もあるが、底力はシリーズ最強。メンバー次第では番手戦もこなせる中村は近畿勢の司令塔となる。中野雄喜の自力にベテラン酒井耕介が参戦。中野は徹底した先行勝負で結果を残す。近畿がまとまれば中部勢と互角以上と評価出来る。

  前のページに戻る このページのトップに戻る
 
 
Copyright 2005 Chubunet All Rights Reserved.
当サイトにて使用されている記事、画像について無断転載、また、当サイトへの直接リンクを禁じます。